HOME眼瞼下垂Q&A

眼瞼下垂Q&Afaq

日帰り手術で治せる眼瞼下垂。
不安な点はお気軽にご相談ください。

手術は簡単にできますか?
患者様の症状にもよります。
眼瞼下垂の手術にはさまざまな方法があり、「まぶたの皮膚を除去」「まぶたの筋肉を縮める」「皮膚と皮膚を取る」「別部位の筋膜を移植する」など、症状によって行う術式は変わります。
当院で行う日帰り手術は、両眼で平均1時間半程度の手術、後に30分のアイシングです。
手術は痛いですか?
局所麻酔を行いますので、麻酔のときのチクッとした痛みはあります。
麻酔注射の針は非常に細いものを使用していますので、通常の注射よりも痛みは少ないと思われます。
手術中、不安があるようでしたら希望に応じて鎮静剤を用い、眠っている間に手術を行うこともできます。
手術当日、車で来院してもいいですか?
術後はまぶたが腫れますし、ガーゼを当てた状態でのお帰りとなります。
車の運転ができないこともありませんが、念のためご家族同伴で来院していただくことをおすすめします。
手術後は腫れますか?
切開する術式を用いた場合は腫れます。
内出血のような腫れは1週間程度でおさまりますが、目の周りの腫れは1カ月程度続くと考えてください。
手術後、その日に入浴は可能ですか?
手術当日の入浴は避けてください。
翌日からシャワーや洗顔はできます。ただしゴシゴシこする洗顔は避けましょう。
アイメイクも大きな腫れがおさまるまでは、控えるようにしてください。
手術後は目を冷やした方がいいですか?
術後に当院のリカバリールームで30分のアイシングをしていただきます。
少しでも早く腫れがおさまるよう、ご帰宅後も、手術翌日まで、ご自宅で創部を冷やしていただくことをおすすめします。
2日以上アイシングしても、それほど効果は変わりません。
どんな人でも日帰り手術ができますか?
先天性の眼瞼下垂手術で、患者様が幼児の場合、全身麻酔が必要な場合があるので当院では対応できません。
提携の病院をご紹介させていただきます。
また、血栓塞栓症の治療・予防などに使われる抗凝固剤(いわゆる血液をさらさらにする薬)を常用されている患者様には、入院を伴う点滴が必要になるため、当院では対応できません。
提携の病院をご紹介させていただきます。

また、当院では、保険治療による眼瞼下垂手術のほか、美しい目元にこだわる方のために、まぶたを二重にする手術などの美容形成手術も行っています。

保険治療の眼瞼下垂を日帰り手術

住所 〒591-8002 
大阪府堺市北区北花田町3丁目45-40
北花田メディカルシティ5F
診療時間 9:30~12:30/16:00~19:00
※土曜日9:30~15:30
定休日 土曜午後、日曜、祝日
※水曜日は不定休
※手術は予約制

QRコード

スマホからも
アクセス

眼瞼下垂かな?と感じたら、
まずはお気軽にご相談ください

確かな実績をもつ専門医がカウンセリングいたします。